アトピー性皮膚炎に効く

アトピー性皮膚炎に効く

日本では、アシドフィルス菌という乳酸菌はあまりメジャーではないかも知れません。
ビフィズス菌とか、LG21、カルピス菌等の有名な菌に注目が集まっているからです。

 

アシドフィルス菌は日本ではそれほど知名度はまだ高くありませんが、
世界では一番売れている乳酸菌であるとも言われています。

 

花粉症にヨーグルトを食べると効果的だという話を聞いた事がある方もいると思います。サプリメントの先進国であるアメリカでは、アレルギー改善にアシドフィルス菌が効果的であると言われています。

 

アシドフィルス菌によって免疫システムの正常化が期待できるのです。
アシドフィルス菌は、アトピー性皮膚炎の改善にも効果が期待できると言われています。

 

腸内の細菌バランスが乱れて発生するアトピー性皮膚炎に効果が期待できます。
アシドフィルス菌は、腸内でビオチンを必要量生産する助けをします。
アトピー性皮膚炎の場合は、ビオチンとアシドフィルス菌を両方摂取するのがお勧めです。

 

ビオチンは、皮膚の炎症を防ぎ皮下の血流を改善する効果があります。
体内で使われるビオチンは、全てアシドフィルス菌を含めた善玉菌が作っています。
人間の体は、ビオチンが少なくなるとアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症を抑制できなくなってしまいます。

 

また、腸内で悪玉菌を減少させるために食物繊維も有効です。
アシドフィルス菌、ビオチン、食物繊維を使ってアトピー性皮膚炎を改善しましょう。
アトピー性皮膚炎だけではなく、爪水虫にも効果がありますし、便秘も改善されます。